20代後半 浸透力 基礎化粧品

20代後半に合う浸透力が高い基礎化粧品について

■20代後半はお肌の分岐点

 

肌のピークは25歳と言われていて、20代後半では少しずつ肌質が低下してしまいます。

 

これは、肌の内側でそれまで十分だったコラーゲンの生成量が20代後半には低下してしまうことや、新陳代謝が年齢によって低下することが原因と考えられます。

 

しかし、20代後半はまだまだ自分自身の肌力が期待できる年齢なので、この時期にどのようなスキンケアを心がけるかによって、30代、40代の肌質が大きく異なります。

 

■どんなスキンケアをすれば良い?

 

20代後半で心がけたいのは、とにかく保湿重視のスキンケア。

 

肌をゴシゴシこするなど刺激やダメージを出来るだけ抑えて、肌がトラブルを起こさないように化粧水で徹底した保湿を行うのがポイントです。

 

保湿ケアは、肌の表面だけではなく内側に有効成分を浸透させた方が大きな保湿効果が期待できるので、化粧水をつける時には何回かに分けて重ねづけをするのも良いでしょう。

 

■おすすめの成分

 

化粧水を選ぶ際にチェックしたいのが、ヒアルロン酸やセラミドといった浸透力のある保湿成分です。ヒアルロン酸は1グラムでなんと6リットルの保水力を持つことで知られている優秀な保湿成分で、肌細胞の内側をたっぷり水分で満たしてくれるのが特徴です。

 

一方、セラミドは細胞間の隙間に入り込んで水分で満たしてくれるので、肌のきめを整えたり、バリア機能を改善してトラブルを起こしにくい肌質へと近づくことができます。

 

バリア機能を健康な状態に維持することができれば、少し位の刺激でも肌はトラブルを起こさない強さを維持できるので、20代後半はとにかくバリア機能の維持に努めたいものです。

 

20代後半に合う基礎化粧品|浸透力に着目するならコレ