低刺激 スキンケア

低刺激のスキンケアについて

■洗い上がりのツッパリ。あなたはありますか?

 

肌質の良い人は、洗顔後のツッパリが少ないのが特徴です。

 

洗いあがりは一時的に水分が失われ、ツッパリが感じられますが、ヒリヒリすることもなく、化粧水も良くお肌に浸透してくれます。

 

しかし、肌質の荒れた人は、洗顔後のツッパリがひどくなります。洗いあがりは、ピキピキするほどの強いツッパリとなり、人によっては、洗顔の時、化粧水を付ける時などにヒリヒリといった、染みるような感覚が出ます。この状態が、敏感肌です。

 

■敏感肌の肌環境とは?

 

また、敏感肌の人は、肌の内部の構造が乱れてしまっているがために、肌が水分を取り込みにくい状態、つまり、化粧水が浸透しにくい環境にあります。

 

最近は、「低刺激」や「敏感肌用」、「肌に優しい」などの、キャッチコピーの化粧水も、市販されていますが、このような化粧水だと、肌はヒリヒリしなくても、十分に保湿出来ずに、ますます乾燥してしまいます。

 

多くの場合の敏感肌は、先天性のものではない場合、乾燥から起こる、乾燥性敏感肌に当てはまると言えますので、保湿力の高い化粧水を使用するのは、必須ポイントになってくるのです。

 

ヒリヒリするお肌の改善には、お肌のバリア機能を高めることが必要ですが、ここもまた、お肌の内部を潤す保湿が必要になってきます。敏感肌の人は、低刺激のものでありながらも、高い保湿効果が得れる化粧水で、お肌のバリア機能を高めながらのスキンケアを毎日続けてみてください。

 

徐々に乾燥性敏感肌は改善され、化粧水の効果も高くなっていくのが実感出来ますよ。

 

敏感肌を優しく保湿する基礎化粧品|20代後半の肌に合うのはコチラ