20代後半 肌荒れ

20代後半の肌荒れには?

20代も後半に差し掛かると、少しづつ肌トラブルが出てくる方も多いと思います。

 

季節の変わり目に肌あれがおきたり、寒い季節になると、肌がゴワゴワしたりする方も多いのではないでしょうか?

 

確かに20代後半は、お肌が少しづつ劣化し、肌トラブルが起こりやすい年代ではありますが、しっかりとスキンケアをしていくことで、年齢に負けない肌を作ることができますので気がついたときにケアを始めてください。

 

■肌荒れ対策の基本

 

20代後半は年齢肌が少しづつ加速していく年代です。

 

肌の内部では、保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどが日々新しく作られています。また、これらの保湿成分は主にタンパク質ですが、機能が劣化していくので、新しく作られると同時に劣化していくものでもあります。

 

新しく作られる量が減っていく量とバランスが取れているうちは良いのですが、25歳前後を堺にこのバランスが崩れ始め、どんどん劣化、減少していきます。

 

この減少分を、年齢に合わせて少しづつ保湿力が高い基礎化粧品を使っていくことで補っていくのです。

 

肌あれの場合、お肌の肌の乾燥が激しく、角質層のキメが乱れています。

 

この状態を治すためには、肌内部の保湿バランスを整えると同時に、セラミドを肌に与えることで角質層のキメを整え、肌のバリア機能を高める必要があります。

 

本サイトでは、以下のページにて肌あれ対策にピッタリの基礎化粧品をご紹介していますので、よければ参考にしてみてください。

 

肌あれ対策に効く基礎化粧品|おすすめランキング

 

 

 

■20代後半は肌荒れが起こりやすい年代
20代後半、徐々にお肌のピークは去りつつあり、肌荒れなど、肌トラブルが起こりやすい時期でもあります。この時期になると、お肌の保湿成分の要であるセラミドも減少傾向にあり、その質も、劣化しますので、これが原因になって、肌荒れが起こってしまいます。肌荒れといっても、その症状は人それぞれです。例えば、小鼻や顎の部分だけ赤くなっているような人も、肌荒れですし、化粧水の時にヒリヒリ染みたりするのも肌荒れ、小さなものも含めれば、肌荒れのない人の方が少ないかも?と、思うほどです。でも、だからこそ、毎日のスキンケアが大切になってきます。特に20代後半のスキンケアは、30代、40代になった時に、必ずそのツケが回ってくるものです。この時期にしっかりケアすれば、30代、40代と、年齢を重ねてもキレイで美しい肌質を保つことができるようになるのです。
■どんなスキンケアが良いの?
では、具体的に肌荒れが起こっている、または起こりやすいお肌には、どのようなスキンケアが適しているのでしょうか?こういった肌荒れのスキンケアとしては、表面だけじゃなく、お肌の内部にはたらきかける基礎化粧品である事が重要です。また、基礎化粧品と言っても、洗顔料、化粧水、乳液、美容液などありますが、中でも、化粧水は、自分に合ったものを、特に気を付けて選びたいところです基礎化粧品の効果としては、お肌にあるセラミドの質を保つ、または改善、増やすことの出来るものが理想です。このような効果のある化粧水などを使用することによって、お肌そのものが持つ保水力が高まりますので、乾燥知らずの肌質になれます。徐々に肌質というのは、衰えてしまうもの…だからこそ、20代後半の今、コツコツと毎日のスキンケアを正しく行っていきましょう。